MENU

ケーブルテレビとソフトバンク光、どっちがいい? 比較

 

キャンペーン・月額料金・速度・セット割・テレビの機能など、5つポイントに分けて、両者を徹底比較します!

 

※ケーブルテレビは複数社あるため、代表的なJ-COMを例に挙げます。

 

【お急ぎのあなたへ!結論!】

 

  • スマホがソフトバンク or yモバイル
  • ネットの速度重視

 

のであれば、ソフトバンク光がベストです。

 

 

月額料金

 

【ソフトバンク光】

 

戸建:ネット5200円
集合住宅:ネット3800円

 

【J=COM】
月額:6,000円(320Mコース)

 

集合住宅だと、J-COMはちょっと高めですね(汗)

 

速度

 

【ソフトバンク光】

 

上り/下り:1Gbp

 

【J=COM】

 

上り:10Mbps
下り:320Mbps

 

ケーブルテレビは下りは早いですが、上り(アップロード)が低速です。

 

セット割

 

【ソフトバンク光】

 

ソフトバンクやY-モバイルなどと、申し込みをするとセット割りが適用になります。

 

 

【J=COM】

 

auと申し込みをするとセット割りが適用になります。

 

テレビ

 

【ソフトバンク光】

 

フレッツテレビと同様のテレビサービスがあります。

 

※地デジ・BS/CSデジタル対応

 

【J=COM】

 

ケーブルテレビサービスがあります。
※基本料金がフレッツテレビよりも高め

 

 

キャンペーン

 

【ソフトバンク光】

 

  • 新規:24,000円
  • 他社転用:11,000円

 

のキャッシュバック

 

また、
工事費分の商品券
他社切り替え時のキャンペーン(最大10万円まで負担)

 

など盛りだくさん!

 

【J=COM】

 

地域や月によって異なるため、公式サイトを参照してください。

 

ソフトバンク光の申し込みranking!

 

株式会社NEXT

 



 

 

【キャッシュバック】

  • 新規:24,000円
  • 他社転用:11,000円
  • オプション不要
  • キャッシュバックは電話案内時!
  • 開通後:最短2か月〜で振込

 

ソフトバンクから表彰状を授与された株式会社NEXT。

 

キャッシュバックが多い&信頼性が抜群なので、イチオシです!

 

>>光コラボレーション申込みなら【SoftBank光.net】

 

 

株式会社アウンカンパニー

 



 

【キャッシュバック】

  • 新規:24,000円
  • 他社転用:11,000円
  • オプション不要
  • キャッシュバックは電話案内時!
  • 開通後:最短2か月〜で振込

 

ソフトバンクから表彰状を授与された株式会社NEXT。

 

キャッシュバックが多い&信頼性が抜群なので、イチオシです!

 

>>SoftBank光キャンペーン!新規も転用もキャッシュバック

 

 

ソフトバンク光の特徴&魅力を解説

 

ソフトバンク光には、簡単で安くて速い、という特徴があります。

 

インターネットの初心者から上級者まで、誰でも使いやすいサービスを提供していることで広く知られています。

 

料金が安いということが最大の特徴であり、その理由として二つの点を挙げることができます。

 

一つ目の理由は、現在、主流である最大速度の高速回線を最も安い料金で使うことができるということです。

 

速い回線を安く使えるため、常時インターネットを閲覧している方にとって、非常に有り難いサービスになります。

 

また、顧客満足度調査においても、二年連続で一位になっているため、通信品質の面でもコストの面でも高く評価されていると言えます。

 

二つ目の理由は、スマートフォン代が大幅に割引されることです。

 

インターネット代のみで比べた場合、他のサービスとあまり変わりませんが、インターネット代とスマートフォン代を合計した料金を考えた場合、
支払う料金は一番少なくなります。この料金の安さは大きな魅力であり、特に経済的な面を気にされている方はインターネットを使いやすくなります。

 

インターネットの回線について、どのサービスを選べば良いのかという点で迷っている方には、魅力的なソフトバンク光がおすすめです。

 

ネット回線についての疑問

 

ケーブルテレビとソフトバンク光を比べる人

 

ケーブルテレビのインターネット回線@メリットデメリット

 

インターネットは現在私達の生活になくてはならない物になっています。
その為、インターネット回線に関しても、少し前までは電話回線を使うことが当たり前であったにも関わらず、現在では色々な事業者がインターネット回線サービスを提供しています。

 

自宅の状況に合ったサービスを上手に選ぶようにしましょう。

 

中でもケーブルテレビですが、メリットとしてはケーブルテレビと一緒に契約を行うことが一般的ですので、地上波だけではなく多くのテレビ番組を見ることが出来るようになります。

 

また、通信の安定性にも定評があり、特に地方ではインターネット回線が途中で切れてしまうということがストレスに感じるような世帯でも、
ケーブルテレビだと安定した通信速度が保たれるという場合もあり、より快適なインターネット環境を探している方が一度ケーブルテレビの事業者にサービス内容を問い合わせて見ると良いでしょう。

 

デメリットとしてはケーブルテレビのチャンネルと同時に契約をするケースが多い為、
インターネット回線として比べると割高に感じる料金設定が多いことでしょう。ただ、インターネット回線以外でもケーブルテレビも同時に楽しみたいという方は導入を検討する価値があるでしょう。

 

光電話※メリット・デメリット

 

光電話は、光ファイバーケーブルのインターネット回線を利用した電話サービスで、多くのメリットが存在します。

 

例えば、かつてアナログ電話を各家庭に設置する場合は、契約時に高額な電話加入権を購入する必要がありましたが、
光電話は電話加入権を購入する必要が無く、アナログ電話からの移行でも従来の電話番号をそのまま使用できます。

 

料金の安さも特徴の一つで、基本料金は従来の3割程度、通話料金は全国どこでも3分で8円と格安です。

 

また、周波数帯域幅が従来より広いため、音質が良く聞こえやすいのも光電話のメリットと言えます。

 

但し、デメリットも存在します。光電話単体では申し込むことができず、
必ずインターネットとセットで契約する必要があり、格安の光電話だけ、という使い方はできません。

 

停電時に使用できないのも、光電話のデメリットです。従来のアナログ電話は回線から電圧を供給しているため、
仮に停電になったとしても、基地局の電源が完全に落ちない限りは問題なく通話できました。

 

停電時は復旧を待つか、携帯電話を利用するなど他の手段を講じる必要があります。

 

このほか、伝言ダイヤルなどの一部サービスが使用できないため、事前に確認した方が賢明です。

 

光回線とADSL回線の違いとは?

 

光回線とADSL回線は、共にデータ通信に利用される回線の種類ですが、物理的な面のほか共有方法や通信スピードの面で大きく異なります。

 

ADSL回線は、通信ケーブルは従来のアナログ電話回線をそのまま流用し、
使用していない帯域を使ってデジタル信号の通信を行います。基地局からの距離が離れるにつれ信号出力は減衰するため、
距離が遠いほどスピードが遅くなるという欠点がありますが、設備を流用するため新規工事の必要がないというメリットがあります。

 

一方の光回線は、通信に光ファイバーケーブルを使用します。

 

光回線を初めて導入する際は、光ファイバーケーブルの敷設工事を必要とし、使用可能となるまで一定の期間を要しますが、
基地局からの距離による減衰が無いうえにノイズに強く、回線スピードが1Gbを超えるなど高速通信や通信の安定性が特徴です。

 

共有方法も違い、ADSL回線の場合は世帯ごとに回線が敷設されているため、他の世帯の使用状況による影響を受けませんが、
光回線の場合は地域周辺の複数世帯、もしくは共同住宅内の全世帯で共有となるため、

 

同一の収容場所の一部世帯で大量のトラフィックが発生すれば、通信速度は低下する可能性があります。

 

 

ネット回線の新規と転用の違いとは?

 

ネット回線のサービスには、新規と転用という二つのサービスが存在します。二つの大きな違いは、すでにネット回線が開通しているかどうかにあります。ネット回線を利用する場合にはそれ専用の回線が必要になりますので、回線を繋ぐことができない環境だと工事費を支出して業者に回線を繋いでもらわなくてはいけません。これが新規回線です。一方で、既にほかの業者を利用してネット回線がつながっている場合は、わざわざもう一度工事をして回線を繋げる必要性は一切ありません。この場合には、一度開設したネット回線を再利用してネットを利用すれば良いので、工事費などの無駄な出費を避けることが可能です。これを転用と言います。転用をする場合には、転用のサービスを請け負っているプロバイダと契約をしなくてはいけません。ネットワーク技術を提供している会社は一つではなく、様々なプロバイダによってサービス内容が大きく異なります。そのため、転用回線を利用するにしてもそのサービスを提供していないのでは使うことができません。反対に、転用回線を使うことが認められている場合には、初期費用を小さくしながらそのまま回線を使うことができるため、サービスによっては現状の費用を小さくすることができます。

 

 

ソフトバンク光で集合住宅(※マンション)の具体的な工事内容を解説

 

ソフトバンク光を集合住宅で使おうと思うと工事が必要になります。工事内容は大きく分けると屋外工事と宅内工事の2つになります。ソフトバンク光を使う場合は電柱から光ファイバー回線を集合住宅まで持ってくる必要があります。共有部に既にこの回線を接続する接続装置がある場合は屋外工事を行いませんが、ない場合は必ずこの工事を行うことが必要になります。そして、この作業が終わると各々の部屋に光ファイバー回線を届ける作業を行います。基本的にはエアコンのダクトなど既に穴が開いているところから通すものですが、そういった場所がない場合には穴を開けないといけません。その場合は大家さんに穴を開ける許可をもらう必要があるので注意してください。
次は、宅内工事についてです。宅内工事に関しては実はそれほど大掛かりな工事が必要となるわけではありません。ONU装置と呼ばれるものを家の中に設置して、実際にインターネットに繋がるかどうか確認するだけで終わりです。屋外工事は1時間ほどかかりますが、宅内工事の場合は30分程度で終わってしまいます。金額としては宅内工事だけだと1万円程度となりますが、屋外工事もプラスすると2万5千円程度と割高になります。